福祉医療 課題について

福祉医療の課題解決の為に

介護福祉施設に入所している高齢者の中には日常生活を1人でできなくなり、寝たきりになってしまう人がいます。
そうなると認知症やうつなどの別の病気を併発させるリスクが高まり、介護職員にとっては老人虐待につながりかねないほどの体力的にも精神的にも重い負担になりやすいものです。
そこで、寝たきりになってしまう高齢者を減らしていくことが、これからの福祉医療に求められている課題でもあります。
寝たきりにならずに死ぬ直前まで動き続けられることや寝たきりになった場合でも回復させることが必要となります。
高齢者は体を悪くしやすいとは言え、ただ症状が重くなれば回復の手助けをすることなく介護をし続けるのは費用面でも体力的にも限界があります。
今後は高齢者の自立した生活を取り戻す為の支援が必要とされ、またその為の取り組みの一環に高齢者が諦めていることを実現するお手伝いをすることが求められています。
希望を持つことにより、人は生きる希望を取り戻すことができ心身の回復に頑張れるものです。

Copyright© 福祉医療 課題 All Rights Reserved.